横浜フェスティバルオーケストラ(お知らせ)

区内初開催市ヶ尾高校吹奏楽部も出演【9月14日・フィリアホール】

横浜フェスティバルオーケストラ=提供

 青葉区内の音楽団体などがコラボレーションして行うチャリティーコンサートが9月14日(土)、フィリアホールで開催される。入場無料。午前11時から午後5時30分(開場は30分前)。
 主催団体はプロアマ混成の市民楽団で集まった「横浜フェスティバルオーケストラ」。この団体は年に数回、大さん橋ホールなど市内各地で「横浜室内楽フェスティバル」を行っており、今回13回目の開催をチャリティーコンサート「青葉みんなでつなぐ音楽祭」として区内で初めて実施する。区役所が後援。
 同団体の中井豊代表は「子育てや介護で音楽の居場所がなかった人たちが集まりオケを行ってきた」と室内楽フェスを振り返り、「今回せっかく青葉区で開催できたので地元団体とコラボしたかった」と経緯を語る。
 一方で区内にはつながりがなかった同団体。そこで中井代表と知り合いである、区内で演芸・落語会を開催する「楽笑友の会」の中村康男代表が一肌脱ぐことに。さらに2人の思いに賛同した「劇団さつき」の加藤一郎代表や、「まちと学校のみらい」の関根秀昭理事など計6人の区内有志が協力。特別支援学校などに通う子どもたちの親の会「未来の樹・あおば」とも知り合い、そこに募金を行うチャリティーコンサートへと昇華させた。
 区内から参加するのはプロヴァイオリン奏者の松本紘佳さんや宝塚歌劇団出身の白波瀬佳子さんのほか、市ケ尾高校吹奏楽部やマリンBAマリン、Yokohamaオーバーガールズなど5団体。
【出典 タウンニュース 青葉区版 2019年9月5日号】

コメントありましたらお願いします。