大場楽笑寄席

2019年6月1日(土)大場地域ケアプラザにて寄席を行いました。満員御礼のもと開催されました。 季節を先取りして、寿八の「船徳」は、浅草寺の四万六千日参詣が舞台だが、今では境内のほうずき市の方が江戸風物詩として目立つ。高岳は、講談“森の石松三十石道中”「江戸っ子だってねえ、寿司喰いねえ!」と熱演、お客様から懐かしいとの声。奴だこの“たがや”は、抜群の安定感で、天高く上がる花火の光景が目に浮かぶ。 幸い、真夏並の暑さが到来しており、季節感もぴったり! 是非、私達の落語や講談を聴きに足を運んで下さい。

舞上り亭奴だこ “たがや”

コメントありましたらお願いします。